第46回クリスマス音楽発表会

12月2日(土) パルテノン多摩大ホールにて

鍵盤ハーモニカを中心として、交響楽団で使う打楽器、電子楽器を用いてのスケールの大きい感動的な音楽発表会がクラスごとに大ホールの大舞台で行われました。運動会が終わってから、約1か月半の練習でしたが、 日頃の「頑張ればできる」「自分が成長することが楽しい」体験の積重ねにより、とても意欲的に生き生きと楽しみながら日に日にクラスが一つになってきました。幼児期における音楽体験は心身の成長にとても良い影響があるといわれています。今回の体験は、今後の人生における「生きる力」を培う原動力になることと思います。